飛行機パニック!フィリピン航空434便爆破事件の犯人は誰?【ワールド極限ミステリー】

7月8日に放送される、

ワールド極限ミステリーで、

フィリピン航空434便爆破事件のことが特集が組まれていました。

沖縄の上空1万メートルを飛行中の機内でのパニックや事故の様子が描かれているそうです。

この事件は、日本人を狙った事件だったそうです。

事件の概要と、真相、犯人など調査してみました!

フィリピン434便事件の概要

事件発生日時:1994年12月11日

事件内容:運行中の旅客機を利用した航空テロ

犠牲者:日本人乗客1名死亡

事件のおきた飛行機:フィリピン航空PR434便(セブ~成田)、事件後那覇空港に緊急着陸

フィリピン航空434便爆発事件は、日本人を狙った航空テロでした。

セブから成田へ向かっている最中に発生し、

当時のパイロットは那覇空港へ緊急着陸しました。

爆破により、床下に設けられていた操縦系統が損傷し、方向舵の操作が困難だったものの、

エンジン出力のコントロールで旋回したパイロットの技量が高く評価されています。

事件当日のフィリピン434便

使用機材:ボーイング747-283B

機体番号:EI-BWF

コールサイン:PR434

フライトプラン:フィリピンマニラ→セブ→成田空港

乗員:20名

乗客:273名

フィリピン航空事件の詳細は?

フィリピン航空事件の詳細は、

犯人が膝下に隠して持ち込んでいた爆弾を機内のトイレで組み立て、

座席下のライフジャケットの位置に爆弾を仕掛けました。

犯人は、マニラから乗り、乗り換えのセブで降りたので、事件の時には飛行機ののっておらず、セブから成田へ向かう巡航中に爆発が起きました。

セブから成田空港までの2時間のフライト予定であった巡航中、

午前11時43分に沖縄県の南大東島附近上空31,000フィート(およそ高度9,000メートル)をで突如爆弾が爆発し、その座席に座っていた

農機具メーカー社員(日本人:当時24歳)が即死し、

男性の周囲の座席に座っていた乗客も10名負傷した。

また、爆発により客室の床に0.2平方メートルの穴が開いていたいたため、

床の操縦系統に損傷を受けていたために方向舵の操作が困難であったが、

エンジン出力をコントロールすることで旋回を行い、

434便は1時間後に沖縄本島の那覇空港に無事、緊急着陸しました。

爆破された座席は26Kだったそうですが、

この位置はボーイング747の中央タンクの真上の予想で、

タンクを爆破して機内を空中爆発させることが犯人の目的でしたが、

爆弾が仕掛けられた飛行機は改修されていたため、2列分前にタンクがずれていたそうです。

26Kの下は貨物室になっていたので、タンクに引火せず、飛行機の爆発はマ逃れることになりました。

また、犠牲となった男性が座っていたことも爆発が最小限になった要因だそうです。

座っていたことで、外壁などが爆発されず、被害が大きくならずにすんだそうです。

貴い犠牲となりましたが、

この方のおかげで、無事に飛行機は空中分解せず那覇まで飛ぶことができたそうです。

その後のフィリピン434便は?

当該機は、747-200の機体記号「EI-BWF」で、

フィリピン航空から退役後に貨物機に改修され、2007年ごろまで飛行していました。

フィリピン航空事件の犯人は?

これは運行中の旅客機を利用した航空テロだったそうです。

このテロは国際的テロリスト集団「アルカーイダ」が、ボンジカ計画と呼ばれる

航空機爆破計画の予行練習として行われていたそうです。

実行犯は、世界貿易センター爆破事件の実行犯でもあった、

アルカーイダのラムジ・ユセフとよばれる人物です。

以上、フィリピン航空434便事件についてまとめてみました。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク